バイアグラの効果について

バイアグラという名前はよく知られたところでED治療薬として絶大な信頼を得ている医薬品です。
正式名称はシルデナフィルです。
投与方法は経口で行われます。
もともとは狭心症の治療薬として研究開発されていたシルデナフィルですが、その効果はあまりなく、しかし陰茎の勃起の効果があったことからそれに特化して医薬品化されたということです。
発売されたのは1998年、アメリカで販売されたものを日本のマスコミがとりあげたところ日本でも販売が嘱望され、個人輸入で購入する人も出たといいます。
そういった方の中にニトログリセリンなどの硝酸塩を服用している高齢者が、バイアグラを飲み腹上死するなどいくつか死亡例が出たのは記憶に新しいところですね。
そのため医師の診断と処方箋が必要となる医療用医薬品として、1999年にファイザー製薬から日本で正式に販売されるようになりました。
通常医薬品の製造から認可までは非常に時間がかかるのが日本の特徴で、安全性が確約されるまで行われないのが常でした。
経口避妊薬(ピル)の認可に10年以上もかかったことがその最たる例です。
しかしこのバイアグラに関しては製造承認から1年もたたないうちに発売されたため、決定が恣意的であると批判が上がりました。
バイアグラをのむとどうなるか、ですが、飲むのは性交の30分前がタイミング的にベストです。
陰茎に物理的な刺激を与えることで勃起状態を保ちますが、性的な興奮を促進させる媚薬的な効果はありません。
バイアグラを使ったからといってセックスしたくなるという気分になるわけではないようですね。
射精時の精液の量も増えません。
射精しても勃起の状態を保つことはできるので気分さえ乗ればそのまま性交が可能となります。
ただしいわゆる「空打ち」になり、射精時の快感は半分になります。
勃起していても「無理やり勃起させられている」気分になるといわれています。
バイアグラを使用する際に注意しなければならないことは、先にあげた死亡例のように、血圧の急激な低下、心臓への酸素供給に支障をきたす恐れがあり、心臓に疾患を抱えている、もしくは狭心症などの治療薬を飲んでいる場合です。
ニトログリセリン等硝酸塩系薬剤との併用が出来ない点に注意が必要です。ちなみに市販されている滋養強壮・精力増強などをうたったサプリメントや健康食品の中にはバイアグラの成分が入っているものもあり、同じように注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*