アレンジ次第で青汁はおいしくなる

青汁と聞くとあの有名なコマーシャルを思い出す方も多いかと思います。しかし、アレンジ次第で自分好みのドリンクに大変身させることができます。例えば私は、100%のアップルジュースと割って飲んでいます。すると独特のストレートな野菜の苦味が和らぎ、健康ドリンクというより、フルーツジュースのようになり、とてもさっぱりとしたドリンクになります。これだと子供でも喜んで飲みます。あとは豆乳で青汁を割ってもとてもおいしいです。まろやかになりゴクゴク飲めます。特にこの二つは単独だとそれぞれ飲みにくい面がありますが、組み合わせると劇的に変化し、飲みやすいドリンクになります。青汁は栄養たっぷりなのはもちろんですし、豆乳は大豆イソフラボンが豊富で女性にとって、美容にいいことずくめです。最初から無理と決めつけるのではなく、自分なりにアレンジして健康作りに取り入れるのも楽しいことです。

青汁はとても美容にも良いらしいです。

青汁とは、昔耳にしたことがあるのは、一般的には、ケ-ルという植物の葉っぱを用いて、ジュ-スにしたものだと聞いています。そして、とても、体に良いと評判だったと思います。ですから、自分でケ-ルという植物を育ててみようと思ったこともあるほどでした。でも残念ながら、簡単に手に入るものでもなく、管理して育てていくのも大変そうなので、諦めた記憶があります。女性にとっては、美容にも効果があるのではないでしょうか。例えば、お肌や、腸にも良いようなことを、耳にしています。テレビなど見ていると、たまに、罰ゲ-ムのような事に、使用されているのを見かけたことが何度かありました。飲んだ人が、顔を歪め、とてもまずそうに、飲み干しているシ-ンを見るたびに、見ている方も、自然と顔を歪めてみていました、でも、実際飲んでみると、そう不味くはなく、私にとっては、大丈夫でした。

青汁の健康パワーはやはりすごい

飲みづらくても、もう一杯欲しくなるというCMで人気になった青汁ですが、やはりその健康効果は高いようです。基本の青汁の原料には何が用いられているのかと言うと、ケール(緑葉野菜)です。最近では飲みやすくするために、それにプラスしてヨモギや果汁を入れて飲みやすくしているものも多いです。ケールの栄養素は、βカロテン、ビタミンA・B1・B2・C、タンパク質、カルシウム、食物繊維、リン、カリウム、など人間の体に必要な栄養素が豊富に含まれています。まさに健康の宝庫のような飲み物と言っても過言ではありません。ケールのすごさは、カルシウムの吸収効率が高いところにもあります。ケール由来のカルシウムは、牛乳の約2倍とも言われています。牛乳はカルシウム補給にはもってこいですが、カロリーもそれなりにあるので、青汁でその2倍の量のカルシウムが摂取出来るというのはダイエット中の人にも朗報ですね。

内臓の機能の強化にも効果があります。 9割以上の方が、体の不調の改善やダイエットに効果あると感じています。 汗と一緒に老廃物も排出されるので、美肌にも効果あり! じっくりホットヨガを楽しみたい人向けのコースもあります。 ヨガが初めての方でも気軽に参加できるトライアルコースもあります。 新陳代謝が高まって、女性に多い冷え症の改善も期待できます。 ホットヨガの体験ならこちら